現在の会社に入社して3日ほど経った時に他部署の男性から飲み会に誘われました。
部署も違うし入社したばかりで知らない人ばかり。もちろん彼のことも名前すら知りませんでした。
ただ、彼の部署では毎月飲み会を開催しているということで、新入社員を呼ぶのが習わしとのこと。
断りきれずに飲み会に参加することになりました。
その時のセフレは特別な印象もなく、可もなく不可もなく、という言葉がぴったりの印象。
その日は二次会には参加せずに帰宅。
最初の出会いは「普通」でしかないものでした。

しかし、翌日に連絡先を聞きに席まで彼がきて、次は二人で飲みに行くことになりました。
ただ、セフレは家庭のある人だったので、飲みに行っても何事もなく終電前には解散。
そんな飲み会を数回続けて1ヶ月ほど経った頃、週末も遊びに誘われるように。
家庭は大丈夫なのかなと不安に思いつつも、彼からの誘いを受けることに。
当然、平日仕事帰りに飲むだけとは全然違う雰囲気で普通のカップルのようにデートをしました。
そしてその後ホテルへ。
出会いから1ヶ月と少しでの出来事でしたが、緊張のあまり何も覚えていなくて、ただただ恥ずかしいという思いしかありませんでした。
ただ、ホテルに行ったことをきっかけに頻繁に会うようになりました。

週5日以上はセフレと過ごしていました。
彼には家庭があるという罪悪感と好きになってはいけないという思いから割り切って体の関係を持っていたので
お互いのセックスについてオープンに感じることを話すことができました。
そういったコミュニケーションの甲斐あってか、体の相性は抜群に。
今では離れられない存在になっています。
何気ない出会いから2年、今でもセフレとの関係は続いていますが、日に日に体の相性が良くなっていくことを感じています。