一方的に話して、一方的に盛り上がって
「あ、もう時間だから帰るね」と一方的にデートを切り上げる。
そして家に帰りついて大きくため息をつく私。

何故、一方的なことばかりをしているのかと言うと、彼から別れを切り出されないためです。
彼は私に別れ話をしたいのだろうと察しはついていました。
そして彼の性格上、電話やメールではなく
「キチンと顔を見て話をしたい」人だという事も分かっていました。

彼に別れを切り出されないためだけに私は一方的なデートを繰り返していたのです。
それだけ別れたくありませんでしたし、1日でも長く彼とは付き合っていたかったのです。彼の彼女で在り続けたかったのです。

しかし当たる電話占いで鑑定してもらった通り
そんなことばかりが続きはしませんでした。
相変わらず一方的に推し進めようとする私に彼が遮りました。
「ごめん。話の途中なんだけど話があって」
そう言われたとき、ついに来たんだと思いました。

やはり彼からの話は別れ話でした。
もう、私にはどうしようも出来ないと思いました。
それなら最後に言いたいこと・恨みつらみ全て吐露してしまおうと思いましたが
出た言葉は
「分かってたのに延ばし延ばしにしてごめんね」
という言葉でした(苦笑)

そうして私の恋愛は終わったのです。

エッチな出会い

もう会いたくない、イケメンの正体

彼との出会いは私が19歳の頃でした。
当時、ゲーム感覚で誰でも利用できる出会い系サイトが私の周りでは流行っており、私もあまり警戒心もなく見ず知らずの男性とのチャットを楽しんでいました。
ある日出会った彼は同い年の県外の人で、チャットで話しているうちにどんどん話は盛り上がり、ついに写メを交換することになりました。
彼からもらった写メはウソでしょ!?と思うくらいのなかなかのイケメンでした。
かっこいい人と縁がなかった私はそのかっこよさにとても興奮していました。
私も少しは可愛く撮れている写メじゃないときっと連絡をもうとってもらえないと思い、少しは自信のある写メを1枚送りました。
「かわいいじゃん」と言ってくれた彼。
ウソでもとっても嬉しかったです。

それから連絡をとり始めて3週間ほど経った頃、彼から「仕事でそっちに行くから会えない?」と連絡がありました。
県外の彼だったので会えることはないだろうと思っていた私はもちろん会うと答えました。
彼も私もお酒が好きなので、居酒屋デートをすることになりました。
「初めまして」と来た彼。
なんと写メそのままのイケメンでした。
あまりのかっこよさに少し戸惑い、こんな素敵な出会い二度とないと思いました。

お酒も回り、気付くと二人でホテルに向かっていました。
チャットでもエッチな話はたくさんしていましたので、イケメンとのSEXとお酒で上機嫌になっていた私は大興奮。
ですがいざ事が始まると、セフレはよほどそのルックスと才能に自信があるようで「俺のデカイでしょ」「何回もイキまくって相手を泣かせた」など自慢話が炸裂。
あまりにウザく、言うほどセフレのモノもデカくもなく酔いもさめるほどのつまらないものとなりました。
顔良し、頭良し、SEX良し、とはいかないようです。

童貞でもセフレは作れる?

童貞の男性は、セックスをしたいという気持ちは強くあっても、セックスに対してコンプレックスを抱えています。
そして年齢にもよりますが、年齢が高くなれば高くなるほど、童貞である事を周囲にはバレたくありませんよね。
そうなると、日常生活の中で、童貞を卒業するのは非常に危険だと言えます。
セックスをした子が口が軽い子で、〇〇さんが童貞だったみたいで、セックスが下手くそで大変だった。
なんて話を口にされたら、あなたの立場は終わってしまいます。

なので、日常生活とは一切関係ない相手とセックスをしたいとなるわけです。
そして男性は女性に対して格好をつけたい生き物です。
出会い系サイトで恋人を作って恋人に童貞である事をカミングアウトするのは、やはり勇気がいります。
そのため童貞は恋人ではなく、短期間の付き合いが前提のセフレで卒業したいと考えるわけです。
ただ、ここでネックとなるのは、童貞でもセフレを作る事が出来るのか?という点ですよね。
セフレとはセックスを楽しむ事を前提とした付き合いなので、童貞=セックスが下手だから敬遠されてしまう可能性は多いにあります。

しかし同時に女性の多くは、童貞の男性とセックスした経験がありません。
そのため物珍しさに童貞の男性とセックスをして、自分が初めての相手になるのも楽しいかもしれない。
そんなふうに年上の女性であれば、童貞である事を許容し、リードしてくれる人も少なくありません。
年上をターゲットにすれば、童貞でもセフレを作る事は決して不可能な事ではありません。
むしろ童貞である事が誰ともセックスをした事がないので、性病の可能性ゼロで安全というセックスアピールになる事もあるでしょう。